スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイド&シーカー
はい、ということで新曲を上げましたよ。
2ndアルバムから「ハイド&シーカー」です。





かくれんぼの歌です。
曲の内容についてあんまり話すことはしたくないのですがちょっとだけ…
「隠れる」方ではなく「探す」側の歌です。
どんな親しい間柄であっても人って本音を隠すじゃないですか。
それって、本当に隠したい場合ももちろんあるけど、気を遣ったり強がったりで隠した本音って、ある程度以上の間柄なら本当は気づいて欲しいモノなんじゃないかと。
逆にそこに気付けないとがっかりされたりね。
そこの探り合いだったりってなんかかくれんぼみたいだなーと。
お遊び的な側面もあるんだと思います。


この曲はホントに個人的にお気に入りです。
自分らしくかつ面白い挑戦も出来てしかもそれが綺麗にハマって。
出来たときは小躍りしながらずっと聴いてました。

今回アップするにあたって、CDに収録されたまんまじゃあつまらないなーと
そこで、Bメロのあのカウントです。らさちゃんありがとう。
実はあそこにカウントを入れるというのは曲が出来た段階から構想はあったんですが、いかんせんボカロは叫べない。
もちろんシャウト風の調教ってのもありますがそれもなんか違うなーと思いまして思い切って人間のシャウトを入れてもらいました。
「マリオの残り時間が100切った時みたいな気分で叫んで!」と注文したんですがそれに完璧に応えてくれたらさちゃんすごい。


映像はあらしのまんなかの時と同じくYumaSaito&チェリ子さんのコンビ。
さいとうさんの映像技術はもう今更語るまでもないと思いますが、覚えたての3Dがところどころに散りばめられてるのが見所ですね。
チェリ子さんも絵柄が多彩ですごい。前回と全然違う雰囲気なのにばっちり合わせてきて凄いです。
ちっちゃいミクさんがウザくて素敵ですね!
何気に僕の動画にミクさん登場したの凄いひさしぶりです。ゆきのふるうみで以来だから1年以上か!
ちゃんとPVになると扱いが難しいですよねミクさん。そう思ってるのは僕だけだろうか。

そして今回、初めてマスタリングを自分でやらず依頼しました。
カフェオレーベルスタジオの原さんです。
古川さんのアルバムを録ったスタジオのエンジニアさんです。
原さんももうホント痒いところに手が届くというか、自分が悩んでたところを特に言わなくてもホイホイ解決してくださってビビりました。
ちょっとイヤラシい話になりますがお値段も安かったので悩めるボカロPはカフェオの門を叩いてみたらいいんじゃないかなと。(ステマではない)

nimもいつもありがとう。ゴリッゴリです!

気づいたら関係者各位への謝辞みたいになってたけど、そんな手練たちで作った動画です。
仲良くして頂けたら嬉しいです。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © くらげPのブログ. all rights reserved.